→BACK

友達のKAKUさんによるライブレポです。
すばらしい内容だったので、アップさせていただきました。
#ほんのちょっと修正してます。

(2004.4.21sakie)

RADIOHEAD JAPAN TOUR 2004.4.17(sat)幕張メッセ
行って来ました。Radiohead!!
まずは一言、「うっわー、やっぱ世界最高峰のバンドの音だ」ってこと。
トムの歌声は美しくて、力強くて胸に響いてしかたなかったし(トムダンス
(阿波踊り?)も激しかったし、ドウモとか日本語あいさつ&おじぎもうますぎ)、
ジョニーの絶妙サンプリングはすごいの一言。もちろんギターもライブと
いうことでソロ部分なんか少し長め(超絶ギタープレイ!)でかっこいい。
エドのギター&コーラスは最高に美しいし、コリンのベースはCDの時は
あまり気がつかなかったけど、うねってたよ(手拍子を導く姿もほほえましい)。
フィルのドラムはもちろん言うことなし。
こんなに打ち込みが多用されてるのにめちゃめちゃバンドの音炸裂って
感じでした。(そして皆笑顔です。CEBOと同じで楽しそうにプレイして
ましたよ。)やっぱ楽しくなくちゃね。

当日はALブロックというところで、期待以上に前の方に行けました。
1曲目「2+2=5」が始まったところでいきなりの「おしくらまんじゅう(モッシュと
いうよりこの表現が正しい)」。前に押されたり、後ろに戻されたりで死にそう
でした。
俺も身長が低いせいか見るのに苦労したんだけど女の子はかなり辛かった
だろうね。彼氏と来てる子がこの「おしくらまんじゅう」のおかげで離れ離れ
になって泣きそうになってました(あとでなんとか探しあてたようだけどね)。

「ヘイル〜」から踊れる曲数曲プレイされたあと(すでに俺は踊り狂い飛び
跳ねていた(笑))、「lucky」そして「just」!
もう「just」ではサビの「ドゥイットユアセールフ!」一緒に歌いました。
感動です。
美しい曲が続き「you and whose army?」ではトムのおちゃめ炸裂!
(キーボードに固定されたカメラへ顔を近づけたり舌を出したりでこれが
モニターに映し出されるたびに大爆笑!)

また「climbing up the walls」のイントロではイラク人質事件の日本人残り
2人の人質解放のニュースがサンプリングされてました(Radioheadらしいね)。
fake plastic trees」は最高に美しくて涙が出そうになりました(いやマジで)。
ホントRadioheadと同じ時代に生きてて良かったと思いましたね(冗談抜き)。

sit down, stand up」の(レインドロップ〜)の反復ではまたまた踊り狂いました。
「ヘイル〜」の曲って後半激しくなる変拍子の曲が多いんだけどライブ映えしましたね。
名曲「paranoid android」に続いて本編ラストの「there there」ではジョニー&エドも
加えてのトリプルドラム!ジョニーは途中でギター弾いたりまたドラムたたいたりと
正に職人です。別の曲ではキーボードも弾いてたしホント天才ぶりを発揮!

アンコール1曲目は「we suck young blood」。コリン&エドが手拍子を導いてました。
特にコリンはすごく楽しそうです。
そして「karma police」。しんみり聴きたかったのにとなりの外人が歌いっぱなしです
(苦笑)。俺はお前の歌を聴きに来たんじゃないのだ(プンプンなのだ)。
そういえば外人やはり結構来てました。ただ勢いのある集団とかいてそれこそ
「おしくらまんじゅう」を利用してズンズン前に進む暴走集団いましたね。
さっきネット見てたら幕張2日目はビースティーボーイズも来てたみたいです。

idioteque」「how to disappear completely」と「キッドA」からの2曲で1回目の
アンコール終了。
(このへんのライブっぽいアレンジもさすが!)

2回目のアンコール1曲目は「planet telex」!やはりベンズからの曲とか燃えちゃいます。
そしてラストは「everything in its right place」。エド&ジョニーともに座り込んで
機材を多用しエレクトロなムード。でもライブ感はありましたね。CDとはリズム
パターンが変わってたせいでしょう。音の洪水の中一人一人ステージからいなくなり、
バックには「FOREVER」の文字が流れながら大きく映し出され終了。
客電がついた瞬間、「終わったんだ」という寂しさを少し感じました。

幕張メッセということで音も後ろの方や脇の方ではあまり良く聴こえなかったみたいです。
またスクリーンが小さくて(横幅がせまい)、後ろの方ではあまり見えなかったみたいです。
とにかく前で良かった。しかしオールスタンディングは体力的に厳しかったですね。
特に女の子には厳しい条件でしたね。
もう少し細かくブロック分けされてればなとも感じました(今回前がAL、ARの2ブロック、
後ろがBブロックの3つ)。ちなみに俺はALブロックの真ん中より前でした。結果的には
良かったんですけどね。

そして、大阪2日目では「(nice dream)」(ちょいすではない(笑))、幕張2日目では
bullet proof..i wish i was」が演奏されたそうです。これも聴きたかったです。
(あと「airbag」や「no surprises」やったとこもあったみたい。聴きたかったなぁ。)
でもとにかく満足した三十余歳の自分への誕生日プレゼントでした。
(最高の自分へのご褒美です(笑))

でわ。

P.S.ちょっと筋肉痛ぎみです(苦笑)。歳かな?

---------------------------------------------------------------
4/17
 Radiohead Japan Tour 2004
幕張メッセ(第1日目)セットリスト

01. 2+2=5
02. myxomatosis
03. where i end and you begin
04. lucky
05. just
06. the gloaming
07. sail to the moon
08. i might be wrong
09. go to sleep
10. you and whose army?
11. like spinning plates
12. climbing up the walls
13. national anthem
14. fake plastic trees
15. sit down, stand up
16. paranoid android
17. there there
 
<アンコール1
18. we suck young blood
19. karma police
20. idioteque
21. how to disappear completely
 
<アンコール2
22. planet telex
23. everything in its right place 
--------------------------------------------------------------

2004.4.19/Yasushi Kakudate     

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー