→BACK 


ARABAKI ROCK FEST 2005.4.29(祝fri) 仙台港隣接特設野外会場


ロックフェスは初体験。
過去、ロックンロールオリンピックは観たことあるけど
ステージが何個もあるってのは、体験したことが無くて
前日から多分興奮してた。何回も目がさめたから。
夜、風が強くて、ガタガタ!と物凄い音がしてたから
そのせいかなぁ〜?とも思ったけど、多分興奮してたんだと思う。
こうゆう遠足前夜感覚は久しぶりで、懐かしくもあり、なかなか良いもんだなぁ〜と
早めの朝を迎えたのでした。

この時期には珍しい晴天。うわーい!
ARABAKIは9:00オープン。飲酒目的もあるので
公共交通機関と徒歩で向かう事にしました。
凍らせたウーロン茶と韓国焼酎をペットボトルに詰め、
必要以上にでかいリュックを背負っていざ、最寄の榴ヶ岡駅へ。
8:30前。まだ、閑散としている感じ。
ARABAKIに向かいそうな一組発見したけど、荷物少ないぞ。
私の赤リュックはパンパンでちょっとダサい感じだか、ええい、ままよ!
そんな事はどうでもよろしい。電車が来ました。混んでるかなぁ?
座れないけど意外と空いている。
中野栄駅から徒歩。少し会場へ向かうであろう列が出来、それらしい雰囲気に。
15分位で会場に到着。意外と近かったかも。
駐車場もまだガラガラだけど。。。大丈夫なんでしょうか??

とりあえず、accelへ。チケット交換所、物販、入場口などでやや賑わっている感じ。
私とヤスダ氏は今回4人券を購入(一人あたり1,000円割引になるからね)
その場合、4人同時じゃないと受付出来ないので、あと2名(きっくカップル)を待つことに。
そして、知り合いその@発見!みっちゃんこ&りえちゃん。
二人は受付を済ませ、ピンクのリストバンドをしてます。
で、タイムテーブルを真剣に眺め、本日の予定検討中。我々の予定みっちゃんこと結構被ってるね!
そこへ、きっくカップル登場。ぐったりしてるけど、なんで?
駐車場からaccelまで40分くらいかかったんだって〜。会場内は入れないから
キリンビール工場の方からぐるっと回ってきたらしい。ご苦労さまでした。
というわけで、めでたくリストバンドを装着。
今日の一番手、椿屋四重奏までもうすぐだ!

「accelホールまもなく始まりまーす!」の声に焦りつつ、ホール内へ。
真っ暗で何も見えないよ〜でも何か、人はギューギューだ。
必死に中に入るけど無理だぁ。しかも、私の赤リュックかなり迷惑。ごめんよー。
そんな状況の中で椿屋の演奏は始まり、人と人の間からたまにメンバーが見えるくらいで
あとは、人の頭を見ながら演奏聴くという感じだったけど、歌が上手。
なんだか、落ち付かない状況のまま椿屋の演奏終了。あっという間だった。

■椿屋四重奏 - setlist -
群青/慣れの果て/紫陽花/螺旋階段/空中分解/小春日和

知り合いそのA発見!
いつも会社でお世話になってる直江さんとお友達。既に手にはアルコール(糖質カット)
椿屋入ろうと思っているうちに、混んでいて終わってしまったらしい。
ピスタチオをご馳走になりながら、しばし談笑。
みんなも昨日は眠れなかったみたい。直江さん達は野外ステージの方へ。
我々は、そのまま次のARTSCHOOLを観る事に。
1〜2曲観たところで、野外ステージが気になりだし、accelを後に。

10分程歩いて野外ステージの入場ゲート到着。
だだっ広い敷地に人、人、人!accelとはぜんぜん違う雰囲気!
おお〜ますます興奮してきた!
ずんずん歩いて行くと、目が合っているようで合ってないような。。。
知り合いそのB、岡田けんちゃんです。久しぶりの再会。
本日のヤスダ氏のお召し物「BLACK FLACK」Tシャツを遠くから見ていたらしく
「あのTシャツ着るような人はARABAKI来ちゃいけないよ」と思っていたらしい。ふふ。
その後ろに見えるのはTAGAJYOステージ。モンパチ演奏中。砂埃すごい!

我々は、アジカンを観る予定だったので、TUGARUステージへ。
ステージと人とレジャーシートといろんな音と、なんとも良い光景。
その時、スゴイ勢いで脇を走っていく若者数名。
知り合いそのCWhitBichのワタナベ君&ヨシダ君。
「アジカンってあっちすか?間違って、モンパチ観ちゃいました!」って走り去って行きました。
weezerの長T着て。頑張れ!アジカン始まってるよ!
走り去る彼らの背中にエールを送り、のんびり歩いて行ったのでした。
ホントはちょっと走りたかったかも。なんか走りたくなるようなそうゆう雰囲気でした。

さて、TUGARUステージ。すごい人だぁ〜。。地面も揺れてる。
PAの後ろくらいから観ることに、アジカンメンバーが5cmくらいだよ。
一部情報で、彼ら演奏はそんな上手じゃないって聞いてたけど、
いえいえ、そんな事ないですよ。コーラスワークなんか、美しかったです。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION - setlist -
振動覚/リライト/羅針盤/ループ&ループ/アンダースタンド/Re:Re/君という花

HATAHATAステージ移動中、知り合いそのD有⇔無Gのかおりちゃんの妹に遭遇。
HATAHATAステージではtheピーズ演奏中。ここのステージは他よりちょっと小さめに感じました。
最近はぜんぜん聴いてないのですが、はる君はバンドブームに観たまんまの姿で変わる事無く
ゆる〜い感じにロックンロールでした。Gのアビさんとのやり取りもほのぼの。
もうすぐ40歳だって。びっくり、見えない。失礼だけどとってもキュート。
ふと見ると、斜め前方で直江さんが得意の人相画描いてました。
後で見せてもらおう。

■theピーズ - setlist -
グライダー/ドロ舟/サイナラ/とどめをハデにくれ/生きのばし

日中の気温は真夏並みで、カチカチに凍らせて持参した
ウーロンハイセットも程よく解けて、多少?酔っ払いつつ、本当に気持ちが良かった!
本当は、この後accelのMO'SOME TONE BENDERを観る予定だったのですが、
野外ステージの方が楽しくて、そのままthepillowsを観ることに。
thepillowsのDrの方がさっきtheピーズでドラム叩いてたようです。
この辺から前で観たい願望が出てきて、にじりにじりと前の方に場所を確保。
メンバー登場と同時に、一気に列が前に進む。うぉ〜!砂埃が凄い!
でも、後ろで観るのと音もぜんぜん違うし、メンバーの顔がハッキリ見える。
伝わり方が全然違うかもしれない!
おっと、そろそろTUGARUステージでイースタン始まる頃かな?
ヤスダ氏は夢にまで出てきてたようなので、吉野氏は観ておかないとね。

イースタンは短い時間で、完全に客を引き込んでました。
ふと、後ろを振り返るとヤスダ氏号泣。良かったね!
「何回だって やり直せる〜」声にならないような歌いまわしで唄う吉野氏は
今思い出しても、じわっと込み上げるものが。

■easternyouth - setlist -
街はふるさと/浮雲/スローモーション/ドン・キホーテ/矯正視力0.6/アバヨ、風の残像

その後同じステージで銀杏BOYZ。
銀杏を観るきっかけになったのは、何を隠そう映画「アイデン&ティティ」
この映画の中でのVo峯田氏にすっかり泣かされてしまい、これは観なければ!という運び。
2005.4.29_2.JPG - 20,947BYTES
演奏始まると同時に、今日始めて人の波に流されて、自分じゃどうしようも出来ないという状態に。
やや後ろに移動して観たけど、それでも充分伝わりました。最後にはポロリ有り。

■銀杏BOYZ - setlist -
なんて悪意に満ちた平和なんだろう/人間/Skool Kill/日本発狂/ノーフューチャーノークライ/
なんとなく僕たちは大人になるんだ/日本人

そのままエレカシを観るか迷ったのですが、「破壊」こと阿部サダヲ率いるグループ魂を観る事に。
本日初のTAGAJYOステージ。うわぁぁ。すごい人だよ。こりゃ前に行くのは無理なので、後ろから観る事に。
ピック代わりにマイクスタンドに青いスリッパ並べて、客席にブンブン投げまくってる!
「リキ、リキ、竹内力〜」と唄ってました。高音ヴォイス。素敵。
「僕の魔法使い」ってドラマ再放送しないかなー

■グループ魂 - setlist -
チャーのフェンダー/グラビアクイーン/東北の魂/もてる努力をしないでもてたい節コール&レスポンス/
竹内力/グループ魂のテーマ

17時過ぎ。ここまでほぼ休憩無しに観続けたので、少し休憩。
始めてレジャーシートを芝生に広げてみる。
ここまではあっという間に時間が過ぎて、気が付けば少し肌寒くなってき始めました。
たまたま後ろに座っていた女性二人組にヤスダ氏がコミュニケーション。
彼女達は東京から観に来てたようで、我々と同世代。
偶然にも在仙のバンドに詳しくて色々と話が弾みました。
彼女達はUAを観るらしく、時間も迫ってきたのでお別れ。
また何処かで逢えそうな気がします。フェスって知らない人とも気軽に話せるからいいね!


私達はハイロウズを観るためにARABAKIステージに移動。
ハイロウズよりか、ブルーハーツにやっぱり泣いてしまう世代なんですが、やっぱり生ヒロト!
中央エリアは人でいっぱいだったので、向かって左側のエリアで観る事に。
オーディエンスから「ゴー!ハイロウズ!ゴー!」の掛け声が
消えそうになったり、大きくなったりしているうちに
あぁ!出てきちゃった〜ヒロト!すげーよ!変わってないよ〜動きも体型も。かっこいい。
後ろ振り向くと、ヤスダ氏、本日一番の号泣シーン。暗くなってて良かったね!

■ハイロウズ - setlist -
ズートロ/ゴーン/青春/ハスキー/サンダーロード/相談天国/
不死身のエレキマン/ミサイルマン/真夜中レーザーガン
2005.4.29_1.JPG - 22,112BYTES

ハイロウズ終了と同時に、間もなく清志郎の演奏が始まるとの場内アナウンスが。
他のステージは全て終わっているので、いよいよ本祭最後のステージとなる。
号泣のヤスダ氏を引き連れて、TAGAJYOステージへ。
わわわ、人の海だよ。ハイロウズは照明をわざと地味に演出(聞いた話)していたので、
空も暗くなったこの時間の派手な照明は一際綺麗でした。
「イェー!って 言えー!」
「何処から来たんだぁ〜?」
「何処に帰るんだぁ〜?」の掛け声に、私達の後ろで大人しく観ていたきっくがついに
「イェー!!」ってレスポンス。大喜び。
ヒロト、スカパラ、クドカン、民生等とのセッションもあり、GODのステージに
ARABAKIベイビー達は大満足でした。もうちょっと前で観たかったな。

■忌野清志郎&NICE MIDLE with NEW BLUE DAY HORNS - setlist -
ROCK ME BABY/トランジスタラジオ/宝くじは買わない/GOD/仕草/JUMP/
REMEMBER YOU/きもちE/BABY何もかも
※アンコール 上を向いて歩こう/雨上がりの夜空に

終わってみたら、穴という穴すっかり砂まみれだったけど
良い、酔い、宵な一日でした。 (
後夜祭編へ続く

2005.4.29_3.JPG - 23,811BYTES








 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー